帝釈観音洞窟遺跡

たいしゃくかんのんどうくついせき

昭和38年に発見された神石高原町永野にある洞窟遺跡で、住居・基地としていたそうです。洞窟は南に開口し、入口の幅12m、高さ6.5メートル、奥行き10メートルの大きさです。旧石器時代から弥生時代に至る各時期の石器・土器・骨角器、装身具や獣骨・貝類などの遺物が出土しています。出土品は『神石高原町立神石民族資料館』にて見ることができます。

INFORMATION

住所
729-3602神石郡神石高原町永野
電話番号
0847-85-2201
(一社)神石高原町観光協会
Webサイト
駐車場

ACCESS

729-3602 
神石郡神石高原町永野

福山東ICから車にて 、距離:約60キロメートル 所要時間:約90分 。 東城ICから車にて、 距離:約15キロメートル 所要時間:約25分

この記事をシェアする