幕末志士に大きな影響を与えた日本外史の草稿がまとめられた場所

この居室は、安永9年(1780年)に大坂に生まれた頼山陽が少年期を過ごし、また*『日本外史』の草稿をまとめた場所として知られています。
山陽の父春水(しゅんすい)は、竹原の町人の家に生まれましたが、漢詩文に優れ、大坂に遊学して朱子学者として名を高め、広島藩学問所に登用された人物です。当時、経済の発達によって富を蓄えた町人や農民の一部は、学問や芸術の分野でも力を発揮し、この春水のように学者として名を成す者もいたのです。
春水の長男として生まれた山陽は、小さいころから詩文の才能を示し、歴史に深い興味を持っていました。21歳の時、春水が江戸に詰めている間に脱藩し、京都に向かいますが、心配した叔父の春風(しゅんぷう)や杏坪(きょうへい)によってすぐに連れ戻され、袋町の居宅に5年間幽閉されました。
有名な『日本外史』を書き始めたのはこの時のことと言われます。文化2年(1805年)、監禁を解かれ、神辺(かんなべ)の菅茶山(かんちゃざん)のところへ身を寄せた後、文化8年(1811年)には京都に出て、三条東山の近くに塾を開きました。
その後は、儒学者、文人として名をあげ、天保3年(1832年)に没するまで数々の書物を著しています。

*文政9年(1826年)、25年の歳月をかけて完成。全22巻に及び、源平二氏から徳川氏までの武家の興亡をまとめた歴史書。
朝廷を尊ぶ尊王(そんのう)思想は倒幕運動に大きな影響を与え、幕末の志士たちの必読書とされました。

指定年月日:昭和11年(1936年)9月3日

INFORMATION

営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
月曜日(ただし祝休日は開館し、翌平日が休館)展示入替のための臨時休館あり
料金
料金:一般200円(160円)、大学生150円(120円)、65歳以上・高校生以下は無料
※( )は20名以上の団体料金
※企画展、特別展については別料金です。
住所
730-0036広島県広島市中区袋町5-15 頼山陽史跡資料館
電話番号
082-542-7022
Webサイト
駐車場

ACCESS

730-0036 
広島県広島市中区袋町5-15 頼山陽史跡資料館

広島駅から広電路面電車①号線 紙屋町経由広島港方面行きで「袋町」電停下車、すぐ

この記事をシェアする