神辺城跡と吉野山公園

かんなべじょうあととよしのやまこうえん

かつて備後の拠点だった城の跡が残る黄葉山と 日笠山に挟まれた峡谷は、今は桜の名所として親しまれる

神辺城は神辺平野を一望できる黄葉山に1335年頃、朝山次郎左衛門尉景連が備後守護職に任ぜられ築城したといわれています。
以来300年間備後の拠点として存在していましたが、徳川譜代の水野勝成が備後を治めるにあたり福山城を築き1622年福山城に
入ったことにより神辺城は一国一城令発布もあり破却されました。現在黄葉山、日笠山の2つの山がせまった峡谷一帯は吉野山
公園となり桜の名所として町民の憩いの場となっています。

INFORMATION

営業時間
年中無休
住所
広島県福山市神辺町大字川北
電話番号
084-963-2361
駐車場
10台

ACCESS


広島県福山市神辺町大字川北

車  山陽自動車道福山東ICから約15分  公共 JR福塩線「神辺駅」からタクシー約7分又は井笠バス井原行神高前下車、徒歩20分

この記事をシェアする